天龍寺の紅葉

天龍寺は嵐山渡月橋の北詰から徒歩数分のすぐ近くに位置する。
天龍寺の天井に描かれた雲龍図は有名だ。
さすがに天龍寺は世界遺産だ。訪れる人が半端ではない。
外国からの観光客も多い。人の波が天龍寺へ天龍寺へと押し寄せる。

天龍寺の紅葉は参道から凄い迫力で迫ってくる。
参道には参拝客の車がずらりと並びその横はボリュウムのある紅葉の林である。

拝観料を払って庭園へと入った。今回訪れたのは紅葉が目的だ。
伽藍には一切上がらずに庭園の方へと進んだ。
やがて目の前に大きな池が見えてくる。池を中心にして広い庭園が広がる。
曹源池庭園だ。何とも凄い豪華な庭園である。
池には大きな錦鯉が泳ぎ、池の向こうに紅葉が散りばめられたように点在する。
右手には厳粛な伽藍、左手には嵐山の連なりが見え、池に紅葉と共にその姿を映している。
緻密に計算されたような庭園、美しく手入れされた庭園、
隅から隅まで見事という他はない。
これほどの贅沢な庭園が他にあるだろうか?

そして、天龍寺の紅葉は曹源池庭園だけに留まらない。
奥へと進む。

北門へ続く途中にある百花苑の紅葉も素晴らしい。
景色では曹源池庭園に及ばないものの
紅葉だけのボリュームと美しさは曹源池庭園以上である。
竹林と紅葉のコラボも大変趣の深いものがある。

百花苑を引き返し境内裏庭の方へと進む。
山すそを遊歩道が設けられ紅葉のトンネルが続き本当に美しい。
途中に滝の水源池がありこの周辺も紅葉の見どころである。
他の景色等とのコラボを排除して考えれば
紅葉の見どころとしては天龍寺境内ではここが一番かもしれない。
望京の丘と名付けられた小高い丘に登れば はるか京都の町を望むことができる。

天龍寺の紅葉は全体的にはほんの少し紅葉の時期としては早かったのかも知れない。
しかし、余程の暇人でない限り最高の時を選んで訪問するのは難しい。
少し位緑の強い部分が混じっていてもそれはそれで美しいのだ。
緑、黄緑、黄色、橙、赤、真紅、それぞれの色のグラデーションやモザイクが
本当は最も美しいのかも知れない。
おすすめ度 ★★★★
(4.4)
天龍寺の紅葉は豪華そのものです。
贅の粋を極めたような紅葉の曹源池庭園は是非見ておきたいものです。

天龍寺の贅沢な紅葉庭園をご案内しましょう


天龍寺の総門

天龍寺の中問

参道脇にも駐車の列が

参道の左側は紅葉の森だ

法堂、天井の龍が有名

庫裏から伽藍の中へ入る人

伽藍には上がらず庭園へ

大方丈の横を進む

曹源池が見えてきた

有名な曹源池庭園だ

何とも豪華,池泉回遊式庭園

隅の方には浮島も

回廊横を進む

石段を上がり奥の庭園へ

多宝殿の前に出た

カーブをかけた回廊が楽しい

曹源池の裏も庭園として

整備され賑わう

竹藪をバックに紅葉が映える

百花苑は人が多い

天龍寺の紅葉です

曹源池です。分かり易い横広の画像でどうぞ