御寺・泉涌寺の紅葉


泉涌寺と書いて「せんにゅうじ」と読む。
泉涌寺は皇室と関係があったことから御寺ともいうようだ。

泉涌寺は東福寺の近くにあるが東福寺に比べると人気が薄く紅葉の観賞客は少ない。
私自身、東福寺は何度も訪れており、その前にある天得院も桔梗を見に訪れたことがある。
が、泉涌寺はまったく初めての訪問であった。
きっかけは京阪電車が宣伝用のポスターやパンフに使われている写真が
泉涌寺だったことがあるからである。
大変魅力的な美しい写真に思わず惹かれてしまった。

門前の広場(駐車場)に車を停め、わくわくした思いで車を降り境内へ入った。
寺の各建物は東福寺に決して劣らない美しいものではあるが、
今回の訪問は建物そのものより建物と紅葉との競演の美しさ、
それを観賞し、感動したかったのである。
寺院内へ上がり庭園が目の前に現れた時、「おう!」と思わず声をあげた。
泉涌寺の庭園の紅葉は決して私の期待を裏切らなかった。
美しい、庭園と寺院の建物と紅葉の調和は見事・・・。
まさに日本の美がそこにはあった。

少し残念に感じることもあった。
そこだけ、その庭園だけだった。量的にはあまりにも物足りない。
しかし、量的な物足りなさを補って余りある感動をもらったのも確かである。
おすすめ度 ★★
(2.4)
東福寺へ行かれたのならその東にある泉涌寺へ行かないのはもったいないですね。
時間があれば少し足を延ばして欲しいものです。

御寺泉涌寺へどうぞ

御寺泉涌寺の紅葉です