槇尾・西明寺の紅葉


周山街道の京都側入口にあるこの周辺の紅葉の名所を一口に高雄と称しているが
正確には高雄(高尾)、槇尾・栂尾と北へ続いているのだ。

高雄は神護寺、槇尾は西明寺、栂尾は高山寺とそれぞれに有名な寺がある。
人は名付けて三尾という。
京都屈指の紅葉名所である。
西明寺は神護寺入口にかかる高雄橋からは500mほどのところだ。

神護寺を見た後は清滝川に架かる高雄橋まで戻る。
上流に向って川沿いにのんびり10分ほど歩けばやがて赤い橋が見えてくる。
この橋を渡り終えた所が槇尾山西明寺入口の料金所となっている。

拝観料を払って坂と石段をあがればすぐに山門に着く。
門をくぐり境内に入ればそこは美しい紅葉の世界が広がっている。
そんなに広い境内ではないが入口から裏口までモミジで埋め尽くされている。

どの部分を切り取っても美しい紅葉の光景であるが、
中でも鐘撞楼の周辺が大変印象的である。

おすすめ度 ★★★
(3.5)
規模は小さいですが山の寺らしく静かな雰囲気です。
紅葉の環境としては申し分ない所です。
高雄へ行かれるならぜひ回ってください。

槇尾・西明寺の紅葉へどうぞ


西明寺は清滝川に架かる指月橋を渡る

橋の向う側はモミジの料金門

西明寺の山門

釣鐘堂の周辺が美しい

裏口も紅葉だらけ

真っ赤に燃えるような紅葉

槇尾・西明寺の紅葉をどうぞ

西明寺の紅葉をパノラマで・・・