岩倉・実相院の紅葉

岩倉・実相院は池泉回遊式庭園と枯山水石庭の2つがあり
紅葉も それぞれに趣を変えて観賞できるところが特徴である。

実相院の門を入ると地を這うように垂れ下がる紅葉がまず目に飛び込む。
少し目をあげると真紅に燃える紅葉がまた見事だ。
庭園の池に覆いかぶさるような紅葉、
石庭を囲むような紅葉、
調和のとれた紅葉は心が落ち着く。
いつまでもこの場に留まりたい。
願わくは別荘のように泊まりたい。
幕末に岩倉具視が別荘地として一時住んでいたことでも知られる。
実相院は寺というよりは雰囲気は別荘である。

実相院の紅葉の売りの一つは床紅葉である。
磨かれた板床に庭の紅葉が映るのは日本のわびさびの世界であり
大変見ごたえがある。
夏になれば外の木々の緑が床に映り、夏の床緑と言われ、これもまた美しいそうだ。
室内からの撮影は禁止されているので床紅葉はカメラに収められなかったのは何としても残念であった。
おすすめ度 ★★★
(0.0)
規模的には小さいが随所に見所があります。
時間をかけてゆっくり楽しみたいものです。心が大変落ち着くことでしょう。

岩倉・実相院の紅葉をどうぞ


岩倉・実相院の参考データ


ページの上に戻る