勧修寺の紅葉

勧修寺と書いて「かじゅうじ」と読む。
勧修寺は山科区の南部にあり、すぐ近くを名神高速道路が通る。
料金を払って境内へ入ればそこは紅葉の世界だ。
左手にモミジの木が真紅に染まって美しい。
右手の伽藍の障子の四角い格子も素敵である。
その伽藍をバックに紅葉を見ると大変美しい。
これがこの寺の紅葉の特筆出来る部分である。
伽藍の横の通路を抜け奥に進む。
やがてモミジの林の中へはいる。
殆んどの木が紅や黄色に色づいて美しい。

ここのモミジ等の木ははそんなに背は高くはない。
紅葉が見る人の目線に広がっているのだ。
そのため周囲の山もうまく背景に取り入れ落ち着いた庭園となっている。
モミジの林を抜け広場にでると観音堂がある。
少し変わった建物だ。三重塔ならぬ二重塔のように見える。
いろんな所を訪問するとこういう建造物に出会えるのも一つの楽しみだ。
この観音堂の紅葉に覆われた景色を見たいが
残念ながら観音堂の周囲は紅葉がほとんどない。
かなり離れた紅葉の隙間から観音堂を望むと本当に素晴らしい風景となった。

勧修寺はそんなに紅葉は多くない。
が、勧修寺の各建物との調和が見事だ。
優雅な雰囲気が漂っている。

尚、地泉回遊式庭園の中心にある氷室池は花菖蒲の名所でもある。 (写真は入口から順を追って並べています。)
おすすめ度 ★★★
(2.6)
勧修寺では紅葉はそれほど多くはない。
しかし、見るポイントをしっかり見ればなかなか魅力のある紅葉です。
紅葉のピーク時に行くことと、
天気の良い日に行くことが出来ればよいのですが・・・。

勧修寺の紅葉をどうぞ