綾部山梅林(黒崎梅園)

綾部山は「一目二万本」とも云われる関西トップクラスの梅の名所だ。
一度は見ておきたいという思いを募らせ、やっとこの日実現した。
時期が少々早いのは分かっていた。
しかも天候が悪い。普通なら延期すべきだろうが仕事の日程もあり、やむなくの強行だった。
綾部山は予想通り山一体が梅の木で覆われている。
あと10日ほど後に訪ねたら綾部山は全山ウメの花で覆われ壮大な景色を見られただろう。
残念ながら、この日はやはりまだまだ蕾の木ばかりだった。
それでも梅ノ木が多いので品種によってはかなり咲いているので結構は楽しめた。
綾部山は山とは遊歩道が緩やかに整備され又舗装もされている。
ゆっくり梅の花を観賞しながら散策するのには良い。
私達も少ないウメをゆっくり観ながら歩いた。
綾部山は山とはいえ、遊歩道が緩やかに整備され又舗装もされている。
ゆっくり梅の花を観賞しながら散策するのには丁度良い。
私達も少ないウメをゆっくり観ながら歩いた。
中腹には食堂茶屋があり、甘酒のサービスがある。
疲れを癒すには、良いタイミングと場所である。
ウメうどんやウメ定食などがあり、ここで昼食をとった。
ここから少し戻る方向に進むと道が左右に分かれている。
左へ進んで山の上を目指せば絶景ポイントがあるのだが、少々迷った。
山の上の絶景ポイントまでは分かれ道から約500mほどある。
雨も降り続いている。結局山頂へは行かず、右の道をとった。
天候が良いか、あるいはウメの花がもっと咲いておれば迷わず絶景ポイントを目指しただろう。
右の道は園内をぐるりと回り駐車場に向う。
その途中も絶景である。海こそ見えないがまさに「一目二万本」の梅と御津町の町並みが眼下に見渡せる。
機会があればまた訪れたいウメの名所である。
おすすめ度 ★★★★
(4.3)
勿論満開を前提とした評価です。
綾部山梅林は京阪神からは若干遠いですが
関西トップクラスであり、「一目二万本」は観に出かける価値があります。

綾部山梅林をどうぞ


料金を払って綾部山へ入る

綾部山の案内

梅林の見頃はもう少し先だ

山の中腹の食堂兼休憩所

梅うどんと梅定食を食べた

島津久子様の歌碑

綾部山からの瀬戸内海見取図

雨に煙る綾部山梅林


ページの上に戻る