大阪万博記念公園の梅園


大阪万博公園の梅の見ごたえは関西でもトップクラスでしょう。
梅の頭越しに見える太陽の塔もバックとしての存在感は薄い。
楽しむのは梅のみ、しかしここには梅の花だけでも十分楽しめる。
いや、これこそが純粋な花見といえるかも知れない。
日の光を浴びると一輪一輪が輝いて見えるようだ。
花の美しさだけを純粋に楽しむのなら万博公園は関西随一だと私なりに思っている。
万博公園は花の技術、花の手入れにはいつも感服させられるが、
梅園においても申し分ない。
この梅園は散策路と小川が作られているのみだが、
梅の花が咲くと雰囲気は最高潮に達する。
おすすめ度 ★★★★
(4.4)
万博公園の梅は種類が大変多い。
手入れがよいので花そのものも美しく生き生き輝いて見える。
いろいろな種類の花そのものの美しさを楽しむのなら此処はお薦めです

大阪万博記念公園の梅園の詳細

所在地 大阪府吹田市千里万博公園
規模 110種660本
開花時期 2月上旬〜3月中旬
定休日 水曜休園(祝日の場合は翌日)梅まつり期間中は無休
時間 9:30〜17:00
入場料 250円小中学生70円
徒歩アクセス 大阪モノレール「万博記念公園駅」すぐ
車アクセス 名神、中国、近畿、各高速道路「吹田IC」からすぐ
駐車場 土日祝1,200円、平日800円(9:00〜16:30、出庫は18:00まで)
車イス
ベビーカー
総合案内所、日本庭園、自然文化園等で車イスの貸出しあり。車イス用トイレも各所にあり。
ベビーカーの貸出しもあり。補助犬の同伴もほとんどの場所で可。
売店、飲食店 梅園の中に臨時の売店が出来、ウメうどんなどがよく売れている
問い合わせ 万博公園総合案内所 06-6877-7387
ホームページ http://park.expo70.or.jp/


ページの上に戻る