南部梅林の梅

南部梅林は「一目百万、香り十里」と言われている紀州一の梅の名所である。
車を走らせ南部梅林に近づくにつれ驚きが増して行く。
南部梅林に入るまでもなくこの地域はどこを走っても梅、梅、梅
道路の両側は梅で溢れかえっているのだ。
さすがは日本一の梅の郷である。
梅の花もほぼ見ごろに近い。

梅の花と香りに包まれてこの辺りだけでも充分堪能できるのではないか?
お金を払ってまで梅園に入る必要もないだろう・・・?
いえいえ、梅の花を見るだけならそれでよいだろう。
花はそれ単独で楽しむのなら自宅もしくは自宅の近くで、
あるいは花屋さんで見ればよいのだ。
花はその場所でしか味わえない独自の味付けがあるのだ。
それを味わう為ににわざわざ遠い所へ花見に出かけるのである。

駐車場代を払いさらに入園料を払って南部梅林公園へ入った。
そこは山の中腹である。中腹というよりは山裾から山のてっぺん近くまで
斜面が殆んど梅の木で覆われているのだ。
駐車場からはかなり坂道を歩く。
途中、お店などへも立ち寄り漬物等を買ったりして・・・。
全体的に梅の花は3〜5分咲きといったところだろう。
やはり訪れる時期が少し早かったようだ。
下の道路沿いは5部〜満開に近い感じであったのだが・・・。

中腹の広場へ到着、南部梅林梅公園と書いてある。
ここだけは赤や白、ピンクの梅の花が絶好の見頃である。
鑑賞客も結構多く、それぞれに梅の花と香りを楽しんでおられた。
ここで少し休息を取り、さらに上を目指した。

高い所はやはりまだまだ蕾だけの木が多い。が、眺望はとても良い。
遠くには眩しく輝く紀伊水道を望むことが出来る。
山一面の梅が満開になるとほんとにすごい景色が広がるだろう。

奥の深〜い南部梅林である。
願わくばもう一度訪れたいものである。
おすすめ度 ★★★★
(4.1)
南部梅林は規模、景色、雰囲気ともに最高ランクだろう。
ただ、かなり山の上まで続くので足の弱い人にはお薦め出来ない。
梅の花と香りに加えて途中のお店や景色も楽しみながらゆっくり歩いてほしい。

南部梅林公園へご案内


少し細くなった所も歩く

大根ばかりの楽しいお店も

南部梅林の入口

郷の方も梅の木が・・・

中腹の南部梅林梅公園だ

テレビ局も取材に来ていた

ピンクの梅花は美し過ぎる

梅公園の中の一部

軽食のある売店もある

馬の中に東屋も映える

上から望む梅公園

遠くに紀伊水道が見える

山の斜面はほとんどが梅

海をバックに梅は誇らしげだ

収穫した梅の実を運ぶ設備

左右に梅林を見下ろせる

早春の南部梅林の景色をどうぞ



ページの上に戻る