湖東三山・金剛輪寺の紅葉

湖東三山の一つ金剛輪寺は紅葉の名所として人気を誇る古刹である。

前の駐車場には観光バスがずらりと並びその奥が一般駐車場となっている。
金剛輪寺の総門を入ると境内の参道はいきなりみごとな紅葉のトンネルだ。
紅葉のトンネルを抜けると左手の庭園の入口へと進む。
金剛輪寺の庭園は国の名勝にも指定されている池泉回遊式庭園である。
池の周辺を紅葉が包み更に美しさを増しているようだ。
庭園の奥からやや鬱蒼とした道を進むと上の本堂へと進む参道に戻る。
左右に千体地蔵が並ぶ参道を上へ上へと進むと
最後は急な石段を登って二天門たどりつく。
金剛輪寺の二天門の左右に度肝を抜くようなワラジが掲げてある。
昔の人はどこへ行くにもワラジだったのだ。
まずは足をまめに運んで信仰を深めよということだろうか?
仁王様も中におられるのだがワラジの大きさに圧倒され、やや影が薄い。

二天門をくぐると正面は本堂だ。
左右は美しい紅葉が囲んでいる。
左の方に進むと三重塔が見えてくる。
本堂から三重塔にかけては凄い量の紅葉が頭上を覆っている。
金剛輪寺の紅葉としては最大の見所だろう。
血染めの紅葉といわれる濃い赤の紅葉もある。
血染めの紅葉・・・ウーン個人的には余り好きでない言葉だ。
昔、僧侶が武士に切られその木の根元が血で染まり、
その血を栄養として吸った為、紅葉が血のように赤く染まったのだろうか?
そんな変な想像をするのは私だけだろうか?

確かに色がひときわ赤い、しかし素晴しく美しい紅葉だ。
血染めの紅葉というにはぴったりだしインパクトもあるかもしれない。
が、出来れば暁の紅葉とか朱雀の紅葉とか何か良い呼び名はないものだろうか。

本堂の脇道の坂を少し上がると金剛輪寺の三重塔である。
紅葉に包まれた三重塔にたどりつく。
金剛輪寺の紅葉はここがクライマックスの舞台だ。
おすすめ度 ★★★★
(4.0)
湖東三山の一つ金剛輪寺は紅葉の名所として有名です。
名勝庭園や三重塔の付近は圧巻です

紅葉真っ盛りの金剛輪寺をご案内しましょう


駐車場のすぐ側に総門

 受付の所から紅葉が美しい

参道は紅葉のトンネルだ

本堂は真直ぐ、庭園は左

庭園の方に向かう

 護摩堂の手前を左へ

左は茶室、庭園はこの奥

庭園が見えてきた

池泉回遊式の名勝庭園

 龍の襖絵が庭園を見守る

行者道のような所も少し歩く

千体地蔵が整列している

千体地蔵の並ぶ参道を進む

 二天門手前の石段を上がる

二天門にどでかいワラジが

そして正面が本堂だ

本堂は紅葉に包まれている

 本堂手前を左へ進む

血染めのモミジは濃赤だ

三重塔が見えてきた

金剛輪寺の紅葉をご覧ください