胡宮神社の紅葉

胡宮神社は有名な多賀神社から国道307号線に沿って南へ約2kmの所にある。
祭神は多賀神社と同じ伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冊尊(いざなみのみこと)である。
知名度は低いが地元では知る人ぞ知る紅葉の名所である。

私が訪れた時は残念ながらまだまだ紅葉には早い時期だった。
11月19日といえば滋賀県あたりでは絶好の時期であり、
事実この日は湖東三山は素晴しい紅葉が見られた。
胡宮神社は湖東三山の西明寺から約4.5km14分ほどだった。

胡宮神社の境内は閑散として人もまばらだ。
しかし大鳥居の前に立つとその景観は圧巻である。
胡宮神社の大鳥居の側から両側をモミジの木が
空を覆うようにずっと続いている
幅広い参道の石段がどこまでも続いているかのごとく上の方までモミジで覆われているのだ。
この時は紅葉した木は少なかったがこれが全部紅葉したならどんなに凄いだろうか。
その凄さは想像に難くない。
勿論上に上がってもモミジの木は至る所で満載なのである。
満載とは変な言葉使いだがこの神社はこれ以上の言葉が思いつかない。
紅葉の最盛期には胡宮神社の丘から炎のごとく盛り上がる紅葉が見られるのではないだろうか?
胡宮神社は紅葉寺ならぬ紅葉神社といってよいだろう。

出来ればもう一度、今度は紅葉の最盛期に是非訪れたい胡宮神社であった。
おすすめ度 ★★★
(2.7)
胡宮神社は境内が紅葉で溢れるほど植えられています。
その集中度は半端ではありません。
是非、最盛期に訪れて欲しい所です。は境内が紅葉で溢れるほど植えられています。
その集中度は半端ではありません。
是非、最盛期に訪れて欲しい所です。

胡宮神社の紅葉をどうぞ