びわ湖バレイ、スイセンの丘

びわ湖バレイは琵琶湖の西岸にある蓬莱山に造られたアウトドア派のメッカである。
冬季はゲレンデとして関西からのスキー客で賑わう。
その山の斜面の一角にラッパ水仙が植えられ、5月中旬には黄色く染まる。
2008年に完成した121人乗りのゴンドラに乗って山頂まで登る。
ロープウェイから外へ出ると向こうにジュータンを敷き詰めたように
一部分が黄色くなっているのが見える。
ウーン、これで30万球か? 思ったより少ないな!
そんな印象を持った。
真っ青な空、遠くに少し霞むように琵琶湖を望む、素晴らしい景観だ。
美味しい空気を胸いっぱい吸いながらスイセンの丘までゆっくりと歩いた。
水仙が視界の部分を徐々に占めて行くにつれ、胸が高鳴ってくる。
ついに目の前が水仙で遮られる。水仙の丘というより、まるで水仙の壁だ。
凄い、これは凄い。押し寄せるような感動に包まれる。
この時ばかりは日ごろの雑念や悩みはすべて吹っ飛ぶ。
感動と安らぎだけが頭の中を支配する。
花見を楽しむ者だけが得られる特権だ。
おすすめ度 ★★★★
(4.2)
関西では最も遅い水仙です。時期を間違わないようにお出かけください。
天候に恵まれると最高の幸せが味わえます。

びわ湖バレイ、スイセンの丘へご案内


入口ゲートです

ロープウェイ乗り場の建物

大きなゴンドラで山上へ

斜面に黄色く水仙が・・・

スイセンマン現る

びわ湖を眼下に恋人の鐘

多くの人で賑わう水仙の丘

結構登りがきついです

びわ湖バレイにスイセンの咲く景色です

水仙の咲くびわ湖バレイをパノラマで撮ってみました


スイセンの丘を見上げたところです。

スイセンの丘の上からロープウエイの方面です。右手が琵琶湖です。

ページの上に戻る