明石海峡公園(淡路島)のコスモス

関西ではコスモスは10月中旬頃、見頃を迎える。
淡路島の国営明石海峡公園も例外なくコスモスは満開である。
明石海峡公園の5品種12万本のコスモスは贅沢な広い園内に、
まるで宝石箱に並べられた別格のコスモスである。
・・・と想像しつつ訪れたのである。
しかし、この日天気は最悪、風雨が強く花をゆっくり楽しめる状態ではない。
園内へ入るも全くと言ってよいほど人はいない。
コスモスは風に任せて大きく揺れている。
雨は容赦なくそんな花々を上から叩きつけている。
前回チューリップを観に来た時とはまるで違う公園にさえ思えるほどだ。
カメラを向け写真を撮ろうとするも横から激しく降る雨にどうしてもレンズがぬれてしまう。
こんな写真も時には良いだろう。そう思いシャッターをきる。
しかし、あとで見ると濡れたレンズではピントが合わず、
これはという写真は全く無く、選ぶに選べない有様だった。

機会があればまたいつの日にか来たい。
そして、晴れやかな雰囲気の中に咲くコスモスを是非とも観てみたい。
おすすめ度 ★★★
(3.4)
国営明石海峡公園の花園は別格である。さすがは国営!
広く、美しく、おおらかな、まさしく淡の国を代表する花園だろう。
コスモスと同時にダリアも楽しめる。   

向こうの山は雨に霞んでいる

広い園内には殆ど人はいない

花火鳥のモニュメントも寂しそうだ