高島市の菜の花ロード

国道161号線高島バイパス、新旭町饗庭の信号から湖岸道路へ入ると
直ぐ左手に一面黄色に染まった田園が目に入ってくる。
道路と畦道らしき筋を除けば殆ど黄色が隙間無く埋め尽くしているのだ。
真中を走る道は5メートルはあるだろうか?違和感を感じるほど広い。
これが菜の花ロードと名づけられている道だ。
ロードを歩けば菜の花の香りが鼻をつんざかんほど匂ってくる。
そしてどちらを向いても菜の花は春の日差しを浴びてまぶしいばかりに輝いているのだ。
一段高いバイパスからは勿論菜の花畑全体が見渡せるのだが交通が激しく
残念ながらそこから見るのは非常に危険である。
湖岸道路沿いには桜が列をなして植えられており桜と菜の花がダブルで
見られるとどんなにか美しいことっだろう。
この写真を撮った時は残念ながら桜は8割方散ってしまっており、
もう3日ほど早く来ていたなら・・・と、少々残念であった。
桜の向こうには琵琶湖が見えるが、雑木がやや邪魔に感じたのは贅沢というものか?
おすすめ度 ★★★
(3.3)
甲子園球場が3個ぐらい入る広い面積、一面黄色の染まる様は豪華です。
ただ琵琶湖に接しているのに琵琶湖が満足に見えないのが歯がゆい。
無駄な木や藪のようなものが無ければ素晴らしいでしょうに・・・。
駐車場が無いのも残念、道路際に停めるしかないのです。

右はバイパス、直進が湖岸道路

菜の花ロードの看板

この道が菜の花ロード、上はバイパス

バイパスの向こう側も一面菜の花

畦道だけが緑色

桜並木は殆ど花が散っていた

バイパスの両側に菜の花

菜の花ロードの両側が全面黄色

桜はもうすでに・・・