神戸総合運動公園の菜の花

神戸総合運動公園と云えばオリックスバッファローズの試合がよく行われる球場、
ほっともっとフィールド神戸やユニバー記念競技場等美しい競技場がある関西屈指の運動公園である。
その一角のコスモスの丘に菜の花が咲く。

4000u5万本の菜の花だ。
市民ボランティアや近くの幼稚園や保育園の子ども達も参加して種まきや除草が行われているそうだ。
南斜面のコスモスの丘は見晴しも良く、側には電車も走っている。
訪れたこの日はまだ蕾も多く、見頃は一週間くらい後になるのでは・・・という感じであった。

神戸市というと大都会のイメージが強いがこの丘に立つと山あいの静かな田舎という雰囲気がする。
冒険のくにと名付けられている広大な遊びのフィールドには様々な遊具があり
都会っ子たちにとっては夢のような遊び場となっている。

その広場に隣接するコスモスの丘は菜の花が春の光を浴びて真っ黄色に輝いている。
ここの菜の花は花粒が大きく背がやや低い。見ごたえのある菜の花である。
時折子供たちのはしゃぐ声が聞こえ、丘の下を電車が通過する。

電車と菜の花のコラボをカメラに収めようとするも電車を待ちきれない。
来たと思ったらあっという間に通り過ぎてしまう。
せっかちな私にとってはなかなかうまく撮れなかった。

近くの近代的な競技場の側にこんなにものどかな優しい風景があるのがなんとも嬉しい気がした。
      
おすすめ度
(2.5)
家族ぐるみで遊びに来るにはもってこいの公園です。
菜の花の名所としてはやや物足りなさを感じますが
雰囲気と見晴しは良いです。

神戸総合運動公園の菜の花の景色です