ハチ北高原のザゼンソウ

4月17日、かねてから計画していたハチ北高原へ出かけた。
目的はザゼンソウである。。
ハチ北に着いて、まず驚いたことにまだ雪が大変多く残っていたことだ。
ハチ北のザゼンソウまつりは当初4月の8日だった。それが雪で遅れ、今年は4月の15日に行われた。
今年は遅くまで雪が降り例年になく雪が多く残っているようだ。

この日は平日ということもあり訪れている人はほとんどいない。
私たちの他には一組の夫婦が観に来られていただけだった。

林の側にザゼンソウの案内板がありその横をすり抜けて少し進むと、小川があった。 小川は雪のトンネルを潜り抜けて流れてきている。 冷たい雪解け水、その周りはまるで温泉の湯けむりのようになってぼやけている。 そのトンネルの手前に、なんと!ザゼンソウが顔を出しているではないか。
ダルマソウとも言われる、そのユーモラスな姿、 朝早くから起きてやって来た甲斐があった。

見渡すと川沿いや、雪の割れ目からあちこちにザゼンソウが咲いている。
ミズバショウも咲き、ザゼンソウと見事な共演である。
どちらも好きな花なので同じ場所で同時に見られるのは本当にラッキーだ。

ハチ北高原はミズバショウの名所でもあるのでミズバショウの群生地を見に行こうとしたが
標高がもう少し高く、雪で車が通れない場所にあり、行くのを断念した。
そういった意味でも、ここで見られたのは本当によかった。
たとえ、徒歩でそこまで行き着いたとしても雪の下で見られない可能性が高い。
ハチ北のミズバショウは5月末からとなっているのがうなずけた。
おすすめ度 ★★
(2.0)
ザゼンソウは一般的に広く知られていない花であり、マニアックな花です。
ザゼンソウに興味を持たれた方にはお勧めしますが、
交通の便も悪く、車でも大阪からは距離があります。

春のハチ北高原はまだ雪の中です


道の両側は雪の壁

まだ滑れそうなスキー場

この駐車場のすぐ近くです

林を左に入ります

ザゼンソウのモニュメント

雪の下を流れる小川

咲いていましたザゼンソウ

雪山をバックに咲く座禅草

雪解けとともに咲くザゼンソウをどうぞ

いろいろなザゼンソウの花をご覧ください



ハチ北高原のザゼンソウ
更新2017-3,2016-3,2015-3,UP2012-4,N.Hayashi