大和民民俗公園の花菖蒲

奈良盆地の真中よりやや東に位置する矢田丘陵の東麓に大和民俗公園はある。
奈良県立公園で民俗博物館を中心に江戸時代の民家や町屋が移築復元されている。
四季折々にいろんな花が咲き家族連れで訪れる人が多い。
なかでも梅、桜、花しょうぶは人気がある
桜の名所としては大和郡山城が大変有名なのだが人が多すぎるので
人ごみを離れて静かに花見を楽しみたいという人はここで花見をするようだ。
花しょうぶ園は水車の周りに約13,000本が植えられている。
花しょうぶの対象物としては水車以外にこれといったものが見当たらず
どうしても水車をバックに鑑賞することになってしまう。
水車ほど花しょうぶにピッタリとくるものはない。
そう思わせてしまう花菖蒲園でもある。

おすすめ度 ★★
(2.4)
さすがに水車と花菖蒲はマッチングしていますね。風車とチューリップのようです。
花菖蒲園そのものはさほど広くはないし花の本数もそれほど多いとは感じません。
しかし花菖蒲園としての雰囲気は独自のものがあり好感が持てます。
交通の便は良いとまでは言えないが大阪からは近いので見られると良いでしょう。

大和民俗公園へ


入口に高い木の門柱が

江戸時代の町屋集落

菖蒲園の傍にある里中池

睡蓮も咲いている

大和民俗公園の花しょうぶ園をご案内


水車の前に花菖蒲

花を楽しむ人

ダイナミックな水車

ゴトン、ゴトン、ゴトン・・・

水車の隙間から

水車と水車小屋の隙間から

大和民俗公園の花しょうぶの一部です


佐渡路

沖津白波

祝盃

四海波

揺藍

緑葉黄金

業平

曙光