サバーファームのポピー

サバーファームは南河内の富田林の山手にある農場公園だ。
富田林駅から約30分ほどバスに揺られサバーファームに着いたのはお昼前だった。
娘と二人で春の陽気につられてポピーの花を見たさにやってきた。
ポピーの花が丘の上一面に群生している景色はまるで天国の花園である。
それを期待して富田林の山奥くんだりまでやってきたのだ。
サバーファームの入口を入ってすぐのところにポーピーの花園はあった。
長さが200m位の細長い花園で花見ファンとしてはやや物足りない感はあるが。
さすがポピーの実力だ、そのカラフルで陽気な花は春の青空の下
周りの木々や山の新緑と溶け合ってなんとも美しい景色を創り出している。


おすすめ度 ★★★
(2.8)
ポピーの咲く雰囲気は良いが量的にはこの倍は欲しい気がする。
イチゴ狩りなど他の楽しみと併せて訪れるのなら良いが
花だけの楽しみで訪れるのなら少々物足りないかもしれない。

サバーファームのポピーの景色をどうぞ

サバーファームを少しだけご案内


サバーファームの入口

ポピー園から入口方面

空は春の快晴

遊戯施設もあります

大きな温室です

芝生広場もあります

バラ園はもう少し後です

花を見ながら焼肉で一杯

もぎたてイチゴは最高

鈴なりのイチゴ

サバーファーム中心部の全景
近年農場公園などとして農業体験などを売りにした公園が多い。
それはそれで楽しく有意義なことだと思うし、今後も続けて行って欲しいものです。
その中で色々な花を咲かせたり、バーベキューや果物狩、野菜の収穫体験、
ジャム作りや佃煮作り、等々、色々な
工夫を凝らした教室なども開かれ客を呼ぶのに試行錯誤されている。
しかし、現実はなかなか厳しいようだ。
農場体験公園はどうしても広い土地が必要となる。
必然的に山の中や農村地帯など、都会からは離れた不便な位置となってしまう。
あれやこれやといろんなものに手をつけて客を呼び込もうとしている。
いろいろ何でもあるが欲しいものがない・・・という
百貨店やスーパーと同じである。
サバーファームのポピーも中途半端である。
客を呼ぶなら徹底的にやるべきであろう。
これだけは何処にも負けないぞといったものが欲しいのである。
交通は不便な田舎でも客を呼び込むのに成功しているところはいくらでもある。
あちら、こちらと見てまわって勉強して欲しいものである。
花園や体験型ファームなどが無くなっていくのはたまらなく寂しく感じる。
何とか元気で生き延びて私達庶民に憩いと安らぎのばを与え続けて欲しいの切に願う。