廬山寺(ろざんじ)の桔梗

廬山寺(ろざんじ)は御所の東側、梨木神社の前にあります。
白い砂利が一面に敷き詰められ松などの木と石が配置された枯山水庭園です。
白い砂利の所々に鮮やかな緑が島のように配置された廬山寺独自の庭園を創りあげています。
その昔、紫式部の邸宅がここにあり、源氏物語はこの地で執筆され、源氏の庭とも言われています。
緑の島は杉苔で白い所とのコントラストが何とも美しいものです。
夏になると青紫の桔梗が涼しげな彩りと透明感のあるさわやかさを一層引き出してくれています。

廬山寺(ろざんじ)へ


京都御苑と東門

門前の通、寺町通

ろざん寺の門

紫式部邸宅跡の看板

紫式部の歌碑

庭園入口

屏風、後の襖に菊の御紋

紫式部がお出迎え

多くの花見客

最初に目にした庭園風景

庭園と桔梗の魅せられて

では、ごゆるりと どうぞ

廬山寺(ろざんじ)の桔梗