平草原公園のツバキ

温泉と海水浴のリゾート地、白浜にあって
あまり観光客には知られていない花の名所が平草原公園である。
白浜の温泉街を一望できる高台にあり市民の憩いの場となっています。
サザンカ、梅、水仙、ユキヤナギ、サクラ、ツツジ、アジサイ、バラ等々
四季を通じて色々な花で覆われる、まさに花の公園です。
特に春は桜の名所として多くの花見客で賑わいます。
私が訪れた日は桜にはやや早い3月下旬でした。
水仙が桜の木の下に咲き乱れ、眩しい位に白く輝くユキヤナギが存在感を示していました。
入口に東北大震災に配慮して桜まつりを中止しますとの看板が立てられていました。
日本中が喪に服すように自粛ムードでおおわれている時です。
それでも花は咲きます。ドンチャン騒ぎをしないなら花を見るぐらいは良いのでは?
花は人の心を慰め、励まし、勇気づけてくれます。
椿は白浜温泉民族資料館の南側に30本ほどと最も東側の丘に300本ほどあります。
サザンカの森もその横にあります。が、この時はサザンカの花季はすでに終わっていました。
おすすめ度 ★★
(2.2)
平草原公園のツバキはあまり知られていないようですが椿の森とも言えるほどに
結構集中して植えられているので大変見やすい。
側の芝生に座って椿を見ながらお弁当を広げるのも良いかも・・・。
椿だけだと寂しいがこの時期は水仙やユキヤナギも同時に楽しめるのがお薦めです。

平草原公園のツバキをご案内


平草原高原公園の入口

白浜温泉民族資料館

資料館の大きなキューピー

ツバキの森だ

周りは桜の木が多い

側ににサザンカ園もあります

芝生広場、向うにユキヤナギ

存在感のユキヤナギと水仙

白浜の市街を見下ろす

最も多い藪椿の種類

優しいピンクの椿も多い

この椿は豪華

平草原公園でツバキが咲く様子です

続いて平草原公園のツバキをどうぞ


ページの上に戻る