長谷寺のぼたん

関西で牡丹の名所と言えばやはり一番に長谷寺でしょう。
花の数、雰囲気、人気は抜群です。
シーズンには参道は人であふれ、花の苗は勿論、草もち、山椒の実、葛をはじめ
土産物屋が軒を連ね大変な賑わいを見せています。
緩やかな坂路の参道を多くの牡丹鑑賞客が埋め尽している。
何度と無く訪れているが何時来ても、花の時期は一大観光地だなあと思う。
仁王門をくぐると境内は牡丹一色、特に正面の階段のある回廊は圧巻である。
この登り回廊も美しい、本堂の前には空中の舞台が造られ眺めも大変良い。
しかし、やはり花あっての長谷寺、と花見ファンの私としては感じる。
また長谷寺へ花を見に訪れたいと思っています。


おすすめ度 ★★★★
(3.9)
長谷寺といえば牡丹、牡丹といえば長谷寺。
関西で花の好きな方なら知らぬ人は無いといわれるほどの牡丹の名所である。
しかし、参道の坂、境内の階段を考えると、足の弱い方には厳しいかもしれない。

花の寺、長谷寺をご案内


長谷寺の仁王門

回廊の右側に牡丹が多い

牡丹から回廊と山門を望む

回廊は階段のある登廊

本堂の前は広い舞台が

舞台は空中展望台である

舞台からの見晴らしは絶景

右手に五重塔が見える

長谷寺の牡丹をご覧ください