花空間けいはんなのチューリップ

「京都フラワーセンター」として多くの人に親しまれた花園である。
名前が変わり「花空間けいはんな」となって観客も増えたと聞く。
それが今年(09年)3月末で閉園ということで驚いた。
この園には20以上も前から私は親しんでいる。
子供たちの小さい時には良く連れてきたものだ。
そして2年前には孫を遊びに連れてきた。
奈良から京都から大阪から、程よい距離にあり空気の良い、
優しい雰囲気のこの花園がとても好きだった。
私の家からは車で約20分この日も妻と娘の3人で花を見に訪れた。
いつもとは園の感じはどこか違う。入口に近づいて閉園の看板に驚いた。
花の直売店の方が寂しそうに話してくれた。
今後は京都府農林水産技術センターに所属して研究所の一部として使われるらしい。
温室の花などは京都府立植物園のほうにすでに運び出しているとのこと。
もうこの園に入る日は二度と来ないのだろうか?
悲しくて涙が出そうだ。

おすすめ度 09年3月末で閉園のため評価は消しました。
が、このページは当分の間、思い出として保存しておきたいと思います。
いつの日か再開して夢の花園をもう一度見せて欲しいものです。

ガラガラの駐車場

入口もひっそり

閉園のお知らせ

園内もひっそり

ここがチューリップ園

建物脇の鉢にも・・・

どアップで撮ってみた

もう満開の藤棚も

温室

この優しい雰囲気

八重咲テッセンに小バッタ

黒いチューリップも


ページの上に戻る