真如堂の萩

真如堂は紅葉で人気の名所である。
萩の時期は静かで訪れる人も少ないが、それでも観光客に交じって萩を楽しむ人も見られる。
萩は真如堂の本堂を囲むように植えられている。
特に境内の南側に多く植えられている。

この日は9月の半ばを過ぎたというのにまだ花の時期には少し早すぎたようだ。
しかし株によって全く違う。すでに花の絶頂期を過ぎたものもあった。
すべての萩が一斉に開花すれば見事な雰囲気になるだろう。
日当たりなど場所によって環境が違うのでなかなかそうはならないのが萩である。

すぐ近くにある迎称寺にもよってみたが萩は全くといってよいほど咲いていなかった。
迎称寺を包むように表周りに萩が植えられ、量的には少ないが見た目にはボリューム感がある。
萩が咲き誇るとくずれかけた土塀との組み合わせがワビサビに通じる感がするのだが。

ネットで見て来たという方と少し話をさせてもらった。
萩が咲いていないことでブーブー言っておられた。
花のサイトに携わっている立場としては責任を感じてしまった。

私のようにあちこち行っている者でも当たり外れは多い。
ドンピシャッ、ホームランというのは2〜3割くらいなものだろうか。
自由の身で好きな時に出かけられるのなら一覧表なんて作らなかったかみしれない。
振って振って何打席目かでホームランを打つのだ。その時の感動を味わうのだ。
空振りの三振もホームランもすべてが楽しい思い出になるのだ。
おすすめ度
(2.4)
萩の株数はそこそこあるのですが場所が散らばっているのでボリューム感に欠けます。 それでも真如堂の雰囲気は萩にとてもあっているように思います。

真如堂の萩をご覧ください

迎称寺の萩はまだまだ咲いていませんでした