梨木神社の萩

梨木神社は京都御所の東入口である清和院御門のすぐそばにある。
萩は梨木神社の参道から溢れんばかりに植えられており、萩まつり神事も行われている。

京阪電車の「出町柳駅」から歩いて15分程。
梨木神社の立看板の横を御所の方に向かう。
右手に萩に囲まれて大きな鳥居が見える。が、その鳥居は今は潜ることは出来ず。
御所寄りの広い通路から入る。

その通路を北に少し進むと右手に灯篭があり梨木神社と書いた道しるべがあった。
矢印に沿って右に入る。幅3m位の整備された参道だ。両側には萩の木が並んでいる。
少し進み左に折れるとそこからが神殿への直線の参道となっている。
記憶は定かではないが、昔、来た時よりもややっこしい。随分変わったような気がする。

直線のその参道は見事なまでの萩が並んでいる。
残念ながら訪れる時期が少し早かったようだ。花は所々に咲いているのみだった。

奥に進むと少し境内が広がり、萩の花があちこちで咲いている。
神殿等の周りもいたるところが萩で被われて見事なまで神々しい雰囲気に満ちている。
まさしく萩の神社である。

全ての萩が一斉に咲き乱れれば凄く見事な萩が見られ感動するであろう。
出来る事ならばその瞬間を観たいものである。
おすすめ度 ★★★
(3.2)
萩の株数では関西でもトップクラスでしょう。
訪問時にどれだけ咲いているか?
ベストな時期に訪れる事が出来れば最高でしょう。

梨木神社は萩に包まれたの神社です