円成寺の萩 in奈良

円成寺は近鉄奈良駅から、柳生街道(国道369号線)を柳生方面に走って約12kmの所にある。
円成寺前庭が池を中心にした浄土式庭園で名勝となっている。
萩は本堂や楼門の周りに多く植えられて趣深い雰囲気が漂う。
円成寺で目を引いたのは春日堂・白山堂という小さい双子のような社殿だ。
春日堂・白山堂はともに国宝に指定されている。
萩が側になく萩の花と共には写真が撮れなかったのが残念だった。
萩の花はといえば、訪問時は花期を過ぎており、満足できるものではなかった。
が、国宝や重要文化財が多く、非常に見ごたえのある古刹といえよう。
帰りは前の茶屋で一服。
その茶屋から眺める円成寺の庭園は美しく落ち着いた雰囲気が漂う。
心が洗われる、そんな気持ちにさせてくれた今回の訪問だった。
おすすめ度 ★★
(2.1)
もちろん、満開時を想定しての評価なのですが、
萩の木は量的にやや物足りない気がします。
萩を楽しむというよりは、風流を楽しむ、そんな寺だと思います。

円成寺をご案内


名勝の浄土式庭園

庭園の池の向こうに楼門

入口の石段

重要文化財の楼門

多宝塔が美しい

楼門と多宝塔の周りは萩が

重要文化財の本堂と萩

国宝の春日堂・白山堂

室町時代の築とされる本堂

本堂の前へ突き出た舞台

前の茶屋では松茸が・・・

茶屋から望む庭園

円成寺の萩をどうぞ