大阪万博公園のひまわり

こんにちわ、こんにちわ、世界の国から・・・
1970年の思い出が詰まっている大阪万博記念公園。
しかし思い出の雰囲気はまったくありません。
わずかに太陽の塔だけが残っているだけです。
誇らしげというよりも孤独で寂しげな感じがするのは私だけでしょうか?
あの頃生まれた子供たちはもう40歳近くにもなり今の世の中を動かしています。
当然のことながら過ぎ去った年月は二度と戻りません。
それだけに今の時間を大切に生きなさい、
と語りかけてくれているようです。
花と大いに語りましょう。そして感動と癒しをもらって明日も力強く行きましょう。
情熱的な夏のヒマワリ、いつも太陽に向かって咲いているひまわり。
私たちも常に太陽に向かって情熱的に力強く生きたいものです。

大阪万博記念公園へ


モノレールから鳥飼の新幹線車庫

大阪モノレール万博記念公園駅

駅と公園の間を走る中国自動車道

自然文化園の入場口

1970年のコンニチワ

どこまで歩かすの?

まだ咲いてないやん?

最初に出迎えてくれた一輪

万博記念公園のひまわり


緑の中のヒマワリ園

満開のゴッホのヒマワリ

ルビーエクリプス

色々な表情を持つルビーエクリプス

ルビーエクリプス、この色もいい!

バレンタイン、爽やかな色、幸せの黄色い・・・

サンリッチ フレッシュオレンジ

モネのヒマワリ

その他のひまわりをご紹介


サマーサンリッチ レモン
一枚一枚の花弁がレモンのようです

サンリッチ レモン
鮮やかな黄色の花弁です

ルビーエクリプス
二重丸の花弁が楽しい

インディアン ブランケッド
かすり模様が独特、

ココア
会いたかった品種です

ブラッドレッド
タンゴの音楽が聞こえそう

ダブル・ダンディ
八重咲きが豪華な花

ジェイド
薄いライム色の可愛い花

ロシアヒマワリ
日本では最もポピュラーです

ロシアヒマワリ
名はロシアでもアメリカ原産なんです

ロシアヒマワリ
3m位の背丈になることも

ルビーエクリプス
横顔はまた違った顔です

ブラッド レッド
血の色?いえ、情熱の色です

ゴッホのヒマワリ
これこそ情熱の黄色です

ルビーエクリプス
光に透かすと輝いて見えます

ルビーエクリプス
涼しそうな顔が良いですね